ブログトップ

小物にも意識を向ける

投稿日時:2014-04-24 08:24:52

スーツを着ているとシャツやネクタイなど、小物にも力を入れるべきであろう。普段、何気なく選んでしまっていると思います。スーツはバシッとして決まっていても、靴やネクタイ・シャツなんかが、汚れてたり、ヨレヨレだったらどうでしょうか?

仕事で、取引先なんか行ったときの印象って大事なんですよ。他にも、仕事後に飲み会なんか入っても行きづらいなと思います。でも、しっかりと小物にも力を入れていたら、自分が逆ならと考えてみて下さい。仕事をする相手として、ちょっとヤダなとか飲み会なんかでも、ちゃんとしてこいよなんて思うと思います。

小物も高ければいいってわけじゃないんです。靴に何万円もかけてみたり、時計に何十万円なんてしなくても、ちゃんとしているかどうかだけで、大分印象というのは変わります。もし、高い物を身につけていたなら、傷ついたり、汚れたりしたらどう思います?それだけでも気分が落ち込んでしまいます。

小物は、普段も使えるようなシンプルな時計だったり、靴はしっかり磨いてきれいな状態を保つようにして、シャツやネクタイも清潔感があれば十分なんですよ。

PR

トレンチの着こなし法

投稿日時:2014-03-24 03:11:36

ビジネスシーンでファッションでまわりと差をつけたいならトレンチコートはこだわるべきです。トレンチコートは体にフィットする形のものを選べばおしゃれな着こなしに見えます。

トレンチコートのサイズが大きすぎるとだらしない感じになりますし、小さ過ぎるとみすぼらしくなるのでサイズ選びはとても大切です。そしてカラー選びもファッションを楽しむ上で欠かせません。

定番のブラックもデザイン次第でかっこよく着こなせますが、ブラックはありふれたものになるので、ベージュやグレーなどを選ぶのも良いでしょう。あまり奇抜すぎず、ビジネスシーンで活用できるのにおしゃれに見えます。

ボタンの形や襟の形などは特にこだわりたいものです。ちょっとしたポイントをこだわったデザインのものを選べばファッションにこだわりがあるように見えます。

そして襟を立てて着こなすと断然かっこよく見えます。ビジネスシーンでもちょっとしたこだわりで圧倒的にかっこよくなれます。

アウトドアスタイルコーディネートとは

投稿日時:2014-03-17 05:06:33

休日の友人とのキャンプやハイキングなどアウトドアに出かけるときにおしゃれに差をつけれるファッションと言えば、アウトドアブランドをさりげなく取り入れることです。全身をアウトドアブランドのファッションでコーディネイトしてしまうといかにもなファッションになってしまいます。

だから何か1点だけバッグやパーカーやパンツなどさりげなく主張し過ぎないものを取り入れるととってもおしゃれなスタイルになります。

アウトドアスタイルコーディネートで特におすすめなのが、帽子をかぶってカジュアルな雰囲気に仕上げることです。その中にアウトドアブランドのアイテムを取り入れれえば上級なファッションセンスで自信を持つことができます。

ファッションのカラーは原色ばかりを選ばずにシンプルな中にさりげなく明るいものを入れればとってもおしゃれに見えます。

まわりと差をつけるアウトドアスタイルをしたいのならば、主張し過ぎずにさりげなくがポイントです。

メンズファッションのコートのコーディネート

投稿日時:2014-03-10 11:46:40

サラリーマンともなると、ファッションのコーディネートはどんどん狭まって行くもの。でも自分は、お爺さんになるまでおしゃれでいたいから、とことんメンズファッションのセンスを磨き続けています。

そんな自分にとって大切なファッションアイテムはずばり「コート」。特に抑えていきたいコートは、定番のトレンチコートとダウンコート、そしてPコートです。この3つがあれば、秋冬から肌寒い春までは、大体なんとかなります。仕事だけじゃなくて、プライベートでも活躍してくれるので、自分のファッションには無くてはならない存在です。

サラリーマンの必須アイテムでもあるトレンチコートは、定番のベージュ系のカラーをチョイス。ダウンコートは、流行り廃れのないブラック系が一番しっくりきます。スーツにももちろん合うし、カジュアルなジーンズとも相性が良いので必須のアイテムです。Pコートはネイビーとかグレーとか、着まわしの効く色がベストです。チノパンにもよく合うし、ちょっと手の抜いた服の時も、きちんと感を出してくれるからとっても便利です。

やっぱりコートは、一番人の目に入る面積が多いファンションアイテムなので、妥協せずに選びたいですね。

プロフィール

  • 名前:代表戸締役
  • 年齢:28
  • 趣味:
BACK TO TOP